note | 大切な方への贈り物に、ぬま田海苔からのご提案

6月。
梅雨の隙間から太陽が顔を覗かせた、とある日の午後。
20代前半だろう女性のお客様が1名、ぬま田海苔へとやってきた。
「この前、ノンストップの放送を観て来たんです!」
頭に浮かぶTV動画と、それはまるで神経衰弱するかのように、店内のあちらこちらへ嬉しそうに目線を配る。

「私、海苔大好きなんです。今日はいつもお世話になっているお婆ちゃんとお父さんに美味しい海苔をプレゼントしたくて!」
満面の笑みでそう言われ、なぜだかこちらがウルっときてしまう。
実際に海苔を食べくらべ。

「どうしよう...3袋買ってもいいですか?最初の口どけ、2番目の歯ごたえ、そして最後の香りが強い海苔で。」
と中には最も高価なものまで。
本当に大丈夫?予算内?と心配するこちらをよそに、
「今、海苔食べて感動したんです。お婆ちゃんとお父さんにも私と同じ気持ちになって欲しい。だから3袋買います!」
と迷いのない言葉が返ってくる。
選ばれた海苔たちを母が化粧箱に大切に詰め、仕上げに「御礼」の熨斗をつけ手渡す。

「海苔をいっぱい食べさせてくれてありがとうございました!」
お客様はそう笑顔で「贈り物」を持ち、颯爽と立ち去って行く。
私たちにも「幸せの余韻」という「贈り物」を残して。

6月のnoteは何を書こう?
色々とシナリオをたてましたが、上記の出来事により一度リセット。

物を贈るという行為は〈贈る人〉と〈貰う人〉だけではなく〈贈り物のお手伝いをする人〉までをも巻き込み、幸せを与えてくれることなんだなと。
そして
「お手伝いする」ということは「贈る」方の想いを一緒に込めるという素直な心と、細心の注意が必要だということも。
あらためてお客様から教えていただきました。

今回は大切な方への「贈り物」について、ぬま田海苔からのご提案です。
どうぞゆるりとお付き合いください。

 

【贈り物の形はそれぞれ】

「Gift」
それは全世界共通のワード。
お誕生日、お祝い、記念日、クリスマス。
「Gift = 贈り物」が連想できるイベントといえばこのあたりでしょうか。

また日本には古来から続く「贈り物」の文化もあります。
「お年賀」「お中元」「お歳暮」
特に有名なのはこの3つですね。

お中元のシーズンはもうすぐ。
 関東なら7月初旬~7月15日まで
 関西ならお盆を8月に行うため、7月下旬~8月15日まで
に贈るのが一般的。

もちろんそれ以外に、前述のお客様の様に「ただ家族に感謝したい」というような、素敵な理由があればいいのです。
何をプレゼントしたら喜ぶのかな?じっくり考えながら過ごす時間もまた幸せですね。
贈り物の形はそれぞれで良いのです。

【ぬま田海苔をオススメしたい3つの理由】

元来、海苔は縁起物として贈り物に選ばれてきました。毎年美味しい海苔が採れる保証はなく「海苔が採れたら縁起が良い!」と思われていたからだそうです。
なので「海苔」というと贈答品のイメージが強く
 「海苔 = 買うものではなく貰うもの」
と考える方も多いですよね。

そこで、私たちぬま田海苔が贈り物にオススメしたい理由を3つ。

【1. パッケージを楽しむ!】

ぬま田海苔の特徴はまずパッケージから。
私たちが大切にしたいのは煌びやかさでも、わかりやすさでもありません。
楽しく、美味しく、安全に召し上がっていただけるようにデザインしています。

有明海をイメージさせるブルー。
そのブルーの海にぬま田海苔のロゴと、海苔の個性が浮かび上がってきます。
漁場や等級名をそのまま商品名にしているので、どこで採れた?どういう海苔か?をお伝えすることができます。
ステッカーに記載されている味見表は、食べるときの参考にぜひお使いください。海苔ごとに比べてみると、また楽しみが増しますよ。

この、ジップ付きで遮光性・防湿性が強いパッケージは再利用してもOK。
透明ではない分、わかりづらいかもしれませんが、海苔を美味しく守ってくれる特別なパッケージなんです。

そしてその海苔たちを優しく包んでくれる化粧箱。
ぜひ有明の海を連想しながら、初摘みの海苔をお召し上がりください。

【2. 海苔は健康食だから安心!】

今、栄養価の高い食べ物 "スーパーフード"が世界的に注目されています。
日本でも梅干しや味噌が代表的ですが、海苔も立派なスーパーフードなのです。

ほぼ全てのビタミンや葉酸、タウリン、食物繊維と、こう見えてとにかく栄養満点。
味付けすると塩分や添加物がやや気になりますが「焼き海苔」なら安心ですね。
糖質制限なども気にせずに贈る事ができます。

そして
 「昆布や鰹節、椎茸に含まれている旨味成分を全て揃えているのは海苔だけ」
とも言われています。

美味しくて体にも良い、そんな優れた食べ物があったなんて!
厳選された初摘みだけのぬま田海苔なら、その美味しさと栄養に、口どけまで加わります。

この海苔の旨味に関しての詳細は有賀 薫さんの記事をご参照ください。料理のレシピと合わせて海苔に関してもとてもわかりやすく説明してくださっています。旨味の相乗効果など、大変勉強になりますね。

有賀さんのnoteはこちらから。

そういえば最近、赤ちゃんの離乳食にきざみ海苔を買いに来る方が増えています。「口どけが良いし栄養もあるから安心。何より子供がすごい勢いで食べてくれて嬉しいです!」という嬉しい声も。

また、口どけの良い初摘みの板海苔を、敢えて刻んで出している海苔屋さんはあまりないとのこと。
いつも他の海苔屋さんが来ると「これ刻んだの?」と驚かれるきざみ海苔、作ってよかった(笑)

【3. 美味しさの違う海苔を楽しめる!】

ぬま田海苔といえば食べくらべ。
初摘みの海苔の中でも異なる個性を楽しむことができます。
同じ海苔でまとめるのも良いですが、異なる個性を組あわせてみてはいかがでしょうか?
お好みごとにおすすめの海苔です。

・口どけを楽しみたい方 → 鹿島第三壱◯1芦刈壱◯2
・歯ごたえを楽しみたい方 → 芦刈壱重1
・濃厚な海苔の旨味を感じたい方 → 大和北◯優①鹿島第二壱◯2
・海苔の香りを楽しみたい方 → 両開旬◯特

全種類ではありませんが、全型、おむすびカット、きざみ海苔、8切カットと様々なサイズで楽しむこともできます。
贈る方の好みや食生活のスタイルに合わせて、色々と組み合わせてみてはいかがでしょうか。

【お中元へ、ぬま田海苔からのご提案】

ぬま田海苔を贈り物にオススメしたい理由、いかがだったでしょうか?
もう少し具体的にどんな詰め合わせがあるか知りたい!という方には以下のご提案。
特にもうすぐ始まるお中元シーズンへ、こちらの組み合わせはいかがでしょうか?
化粧箱や短冊熨斗は無料でご用意しております。

【初摘み◯3種食べくらべ】¥6,000(税抜)
内容:初摘み海苔の全型サイズ 3種類詰め合わせ
大和北◯優①(10枚入)・芦刈壱重1(10枚入)・両開旬◯特(5枚入)
※ 6月現在は上記の詰め合わせをオススメしています。
海苔が大好き!という方には最もボリューム感のある全型の組み合わせがオススメ。海苔を手で折るときに出る粉まで楽しむことができます。

 

【初摘み◯3サイズ詰め合わせ】¥3,900 (税抜)
内容:初摘み海苔の全型1袋、おにぎりサイズ1袋、きざみ1袋の詰め合わせ。(※単一漁場だけでなくその時オススメの3サイズで詰め合わせしております。)
全型海苔に、おにぎり、きざみの両カット海苔を楽しめる組み合わせ。店舗では最も注文が多い詰め合わせ。それぞれ海苔の味を変える組み合わせが人気です。

全型を1袋追加すると¥4,900と¥5,000予算の詰め合わせにもなります!

また、ちょっとしたギフトやお土産に人気の商品はこちら。

【ミニ食べくらべセット】¥800(税抜)
内容:初摘み海苔の8切サイズ 3袋で1セットの組み合わせ。
異なる美味しさの海苔を少しずつ食べくらべができるセットです。
説明書も付いていますので、眺めながらぜひ比べてみてください。

【贈り物選びを楽しんで】

以上のご提案、楽しんでいただけたでしょうか?日本の伝統食である「海苔」の新しい提案、気に入っていただけたら嬉しいです。
贈り物選び、さてどれにしよう?と悩む瞬間がまた楽しかったりしますよね。
ただどういう組み合わせが良いかな?と悩んだ時は店舗でも、webでもいつでもご相談ください。


webサイトはこちらから ↓

【七夕祭りのお知らせ】

ぬま田海苔がある、かっぱ橋本通りのビッグイベントといえば「七夕祭り」。各お店の軒先に、浅草から上野まで屋台がずらっと並びます。
07/06(土)~07/07(日)  10:00~20:00 ※7日は19時まで


しかも非常にリーズナブルで美味しい食べ物ばかり!中には伝統工芸の出店もあり、飽きることなく歩き続けられます。
今年度、ぬま田海苔前のブースでは
【羽根つき焼きおにぎり専門店『GAO』 × 有明産初摘み海苔専門店『ぬま田海苔』】
のコラボが実現!!
日本にたった一つしかない組み合わせ、ぜひお楽しみください。

 


7月6日(土)・7日(日)限定となります。
ぬま田海苔も通常通り、両日営業しております!食べくらべもぜひお待ちしております!

メニューは1品のみ、1個¥400
羽根つき焼きおにぎり→バター醤油×海苔→鹿島第二壱◯2(7月より販売開始)
まずはカリッとした焼きおにぎりとパリッとした海苔との食感のハーモニーを楽しみ、口の中でほろっと焼きおにぎりがほぐれる時に広がるバター醤油と海苔の旨味のコラボレーションをご堪能ください。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


前の記事