ぬま田海苔のこと

ぬま田海苔のこと

1937年創業
希少な海苔の味を伝えます

かつて、川崎の海が豊かな漁場だった頃、「大師のり」という名で上質な海苔が盛んに養殖されていました。奉公先の海苔問屋から独立した沼田治雄が、海苔や鰹節の店「沼田治雄商店」を開いたのは昭和12年のことです。
その後、環境の変化とともに川崎の漁場が100年の歴史の幕を閉じてからは、変わらぬ本物の海苔の味を求めて、九州「有明海」の上質な海苔をお届けするようになりました。
毎年ほんのわずかしか採れない希少な海苔を厳選し、地元のお得意様にだけ販売を続けてきた「ぬま田海苔」ですが、海苔の本物の美味しさ、奥深い味わいをもっとたくさんの人に知っていただきたいとインターネットでの販売を始めることにしました。
今まで食べたことのないような海苔本来の持つ「海の旨味」をご紹介したい。先代の創業から変わらないこだわりと思いを大切に、日本の伝統食の魅力をお伝えしてまいります。

合羽橋本店について

商品をみる